一部ページをご覧になるには
AdobeReaderが必要です
Google

給食の意義

 定時制高等学校における給食は、青少年の体格の向上・心身の健全な発達に重要な役割を
果たし、かつ、国民の食生活の改善に寄与することを目的としています。

(夜間課程を置く高等学校における学校給食に関する法律:昭和31年6月20日
 法律第157号による)

目的

(1)バランスのとれた栄養豊かな食事を提供することにより、生徒の健康の増進、体格の向上
  及び正しい食習慣の形成を図る。
(2)学校で食事を共にすることにより、教師と生徒、生徒相互のこころのふれあいの場を作り、
  好ましい人間関係の育成を図る。
(3)給食を通して、責任・清潔・きまりを守ることの等の共同生活における協同・協調の精神を
  身につける。

   特に高等学校の給食は、小・中学校での食教育の総仕上げで、自己管理ができるように
  育てることを目的としています。

実施方法

(1)対 象:夜間部生徒
(2)実施回数及び回数:4月~3月までの学校登校日年間166回(予定)
(3)給食場所:1階 食堂
(4)給食時間:1時間目の始まる前40分間
          16:50~17:30

給食費について

(1)一食単価:310円
   年間予定価格:310円×178回(予定)=55,180円

(2)納入について
   一定条件を満たす生徒は夜食費補助制度への申請によって一食45円の補助を受けることが
   できます。その場合実質負担は
          265円×178回=47,170円
   となります。ほぼ全員の生徒がこの補助申請をし,申請者全員が認可を受けています。
   前期と後期の2回に分けて集金する予定です。
  *給食費の滞納があると円滑な給食運営が困難になりますので
   期日までにきちんと納めるようにしてください。
   期日は後日連絡します。

給食内容

定時制高校の給食は夕食であるので、主に米飯を主食としています。
パン・麺類も月に2~3回出しています。主食・主菜・副菜・牛乳が揃った完全給食です。

温かい給食が生徒の皆さんをお待ちしています (^_^)